FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

鮎毛バリ通信30号記念シンポジウム 2017 動画配信

(写真はシンポジウム第2部 噺家・林家彦いち師匠司会での;質疑応答の模様)天然アユを取り戻すために 今できること 第1部 ~鮎毛バリ通信30号記念シンポジウム 2017~ 全水道会館 4階 大会議室にて  2017年11月23日開催この日東京は朝から小雨模様。来場者の出足が心配されたが、釣り人、漁協関係者、自然保護に関わる市民、雑誌メディア関係者などが詰めかけ、会場は80名を超える熱心な参加者で熱い...

続きを読む

連絡先 および 会員申し込み

連絡先 および 会員申し込み連絡先日本鮎毛バリ釣り団体協議会本部〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-58-1 石山ビル5F電話 03-3375-3864(マグナ内)会員申込み会員になりますと、年2回発行する会報「鮎毛バリ通信」の配布を受けることができます。また、日本鮎毛バリ釣り団体協議会が主催する「鮎毛バリ釣り全国大会」に無料で参加できます。会員になるためには、年会費、一口1500円の納入が必要です。みずほ銀行 また...

続きを読む

日本鮎毛バリ釣り団体協議会 組織と役員

日本鮎毛バリ釣り団体協議会 組織と会則目的本会は全国鮎毛バリ釣り場の秩序の維持と環境の保全を図ると共に、漁場利用についての諸問題を調査研究し、設立の趣意に基づき毛バリ釣りを通じて会員相互の親睦と緊密な連繋を保ちつつ、より楽しい毛バリ釣りの向上発展に寄与することを目的とする。事業本会は前条の目的達成のため、次の事業を行う。(1) 毛バリ釣りに関する調査研究および知識の普及。(2) 漁場利用についての行政当局、...

続きを読む

プロフィール

ayukebarikyougikai

Author:ayukebarikyougikai
鮎毛バリ釣り団体協議会はほぼ620名の会員に支えられています。
会員は青森津軽から四国愛媛まで日本列島の各地のドブ釣り愛好者です。
現在、ドブ釣り愛好会は13団体にまで減少しました。この10年間の間に多くの愛好会が解散したり、活動実績のないまま消滅したりしています。少子高齢化の波がわたしたちにも押し寄せてきています。
また、河川の直線化で淵が消えて釣り場が減少したことが、ドブ釣り人口の減少に拍車をかけています。
しかし、そんな中で、新しい釣り場の開拓や河川環境の再生に熱心に取り組んでいる仲間が大勢います。毛バリ釣りは現在、進化発展か衰退滅亡かの岐路に立っていますが、大丈夫。漁協や流域住民とスクラムを組んで前進している釣り人がいる限り、未来は明るく輝いている、輝いています! 全国のドブ釣り愛好者のみなさま、日本鮎毛バリ釣り団体協議会の元に結集して、明るい未来に向かって共に歩みましょう。 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。