記事一覧

2018・5・27 伝統の鮎毛鉤釣り全国大会 興津川で開催

会報31号裏表紙334kb

静岡県の清流・興津川で毛バリ釣り(ドブ釣り)を愉しみましょう
一般の方、どなたでも参加できます


日時:   2018年5月27日 

集合場所: 和田島橋右岸の橋下に本部テントを設営 雨天決行  
集合時間: 午前5時
受付時間: 午前4時30分~6時まで
検量:   検量は12時までに済ましてください。
表彰式:  12時15分から本部テント前で表彰。
   
①流れ美し興津川96kb
(興津川の優しい流れで竿を出すドブ釣り師たち)


大会ルール: 5尾の総重量 (大物賞、レディース賞、他賞品多数)
  毛鉤釣り(ドブ釣り)に限ります。(12センチ以下はリリース)
          毛ばり3本以内。
  エリアは興津川全川及びその支流、釣り場でのマナーは大切にしましょう。
大会参加費用: 一般参加者は1500円と入漁料。1500円の参加費で会報会員となり、
           「鮎毛バリ通信」(年2回発行)送付などを受けることができます。
           ただし、18歳未満の方と会員は無料。
         *1日券及び年券(7000円)も大会本部にご用意してあります。

主催:    播州釣針協同組合 実行委員会(岩崎通則事務局長 TEL0795-22-3901)
                   日本鮎毛バリ釣り団体協議会

問合せ・申込み:大会実行委員長 角谷学 Tel 090-8475-7620


   

  
⑦大会集合写真177kb
この写真は2015年興津川全国大会の集合写真です

2018・5・18 記

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ayukebarikyougikai

Author:ayukebarikyougikai
鮎毛バリ釣り団体協議会はほぼ620名の会員に支えられています。
会員は青森津軽から四国愛媛まで日本列島の各地のドブ釣り愛好者です。
現在、ドブ釣り愛好会は13団体にまで減少しました。この10年間の間に多くの愛好会が解散したり、活動実績のないまま消滅したりしています。少子高齢化の波がわたしたちにも押し寄せてきています。
また、河川の直線化で淵が消えて釣り場が減少したことが、ドブ釣り人口の減少に拍車をかけています。
しかし、そんな中で、新しい釣り場の開拓や河川環境の再生に熱心に取り組んでいる仲間が大勢います。毛バリ釣りは現在、進化発展か衰退滅亡かの岐路に立っていますが、大丈夫。漁協や流域住民とスクラムを組んで前進している釣り人がいる限り、未来は明るく輝いている、輝いています! 全国のドブ釣り愛好者のみなさま、日本鮎毛バリ釣り団体協議会の元に結集して、明るい未来に向かって共に歩みましょう。